新温泉町
TOPページ > 観光案内 > モデルコース > 湯けむり漂う湯のまち 湯村温泉満喫コース

湯けむり漂う湯のまち 湯村温泉満喫コース

2014/02/17

湯けむり漂う湯のまち 湯村温泉満喫コース
所要時間:4時間(徒歩約1時間)
湯村温泉は、平安時代に慈覚大使によって開湯されたと伝えられています。
摂氏98度の高温の温泉が湧き、入浴はもちろん、足湯や卵などの湯がき体験もできます。


北駐車場・全但バスターミナル


↓ 徒歩3分


薬師堂
湯薬師様と湯村温泉開祖である慈覚大使をお奉りしたお堂。
病気を治す仏様として知られる薬師如来は、湯治客からも信仰されました。
天井には、昔の湯村の様子を伝える『湯村八景』が描かれており、境内には松尾芭蕉の句碑があります。


↓ 徒歩3分


湯村温泉ポケットパーク(旧薬師湯)
湯村温泉の泉源の一つで摂氏98度の温泉が湧出しています。
ここにはかつて共同浴場「薬師湯」がありましたが、現在は湯村温泉ポケットパークとして、憩いの場になっています。


↓ 徒歩2分


荒湯
湯村温泉の中心にある泉源で、摂氏98度の温泉が自然湧出しています。
湯けむりが立ち上がる様は圧巻です。
荒湯は一般に開放されており、温泉玉子を作ったり野菜を湯がいたりすることができます。特に湯に13分ほどつけてできる「荒湯たまご」は、手軽に楽しむことができます。


↓ 徒歩3分


杜氏館
但馬杜氏に関する資料や酒造りに使われた道具が展示されています。
雪深く、積雪期に農業ができなかったため、出稼ぎとして全国各地に酒造りに出かけていました。
※杜氏とは酒造りの最高責任者のこと


↓ 徒歩4分


夢千代館
昭和にタイムスリップしたような感覚を味わえる夢千代館は、昭和に大ヒットしたドラマ「夢千代日記」をテーマにした博覧館です。
人々が寄り添いながらもたくましく生きてきた、懐かしく心温まる昭和の時代が再現されています。


↓ 徒歩3分


薬師湯
露天風呂やサウナも完備した源泉かけ流しの共同浴場。
無色透明の湯は刺激も少なく新陳代謝を促し、肌の老廃物を排出する美肌の湯として知られています。
現在、ペルチェ素子を使った温度差発電の実験運用が行われています。


↓ 徒歩3分


ふれあい手形散歩道
春来川沿いの散歩道には、湯村温泉ゆかりの芸能人や文化人の手形があります。


↓ 徒歩5分


八幡神社
八幡神社は人命守護・勝運厄除の守護神として古来より信仰を集めています。
境内にある五輪の石塔は、「イボの神様」として親しまれています。


↓ 徒歩3分


リフレッシュパークゆむら
湯村温泉の源泉を使った自然の中の温泉公園。
趣向に富んだ8種類のお風呂や露天風呂のほか、一年中泳げる温水プールもあります。


↓ 徒歩4分


北駐車場・全但バスターミナル


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?