新温泉町
TOPページまちづくり温泉 > 七釜温泉

七釜温泉

七釜温泉ゆーらく館
七釜温泉ゆーらく館

七釜温泉は、昭和30年に井戸を掘っていて偶然に発見された温泉です。
発見された当時は、田園の中に浴槽が作られた露天風呂でした。その後、テストボーリングなどを繰り返し、昭和36年に本格的に源泉の掘削を行いました。その結果、238mの深さから46.5度の温泉が湧き出てきました。昭和37年3月には、湯村温泉で使用していた浴槽を譲受け、外から見えないように囲いをしただけの露天風呂を設置し、その年の9月26日には、七釜温泉公衆浴場が完成しました。七釜温泉は、素朴な湯治場としての歴史を積み重ねながら発展してきました。現在では、天然掛け流しの湯として平成17年7月にオープンした「七釜温泉ゆーらく館」によって、さらに多くの方に七釜温泉を楽しんでいただいています。


七釜温泉の温泉分析とその効能
七釜温泉ゆーらく館


お問い合わせ
商工観光課|新温泉町役場本庁舎
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5625  Fax:0796-82-3054   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?