新温泉町
TOPページ行政情報入札関係 > 最低制限価格へのランダム係数の導入について

最低制限価格へのランダム係数の導入について

2020/04/15

入札制度改善の取り組みとして、建設工事の入札に係る最低制限価格について、現行の算出方法に「ランダム係数」を乗じ、最低制限価格を設定します

ランダム係数の仕組み
 現在の最低制限価格に「ランダム係数」を乗じ、最低制限価格を設定する。
  最低制限価格 = 最低制限価格算定基礎額 × ランダム係数
  ※算出は税抜で行い、合計金額に千円未満の端数があるときはこれを切り捨てる。
 

ランダム係数の値
パソコンにより乱数を使用して無作為に算出される「0.9995」から「1.0050」までの数値で、0.0001刻みの56通り。

最低制限価格算定基礎額の算定式(従来の最低制限価格の算定式)
 
算定式
1.予定価格算出の基礎となった直接工事費×0.97+共通仮設費×0.9+現場管理費×0.9+一般管理費×0.55
 ただし、その額が予定価格に10分の9を乗じて得た額を超える場合にあっては10分の9を乗じて得た額とし、予定価格に10分の7を乗じて得た額に満たない場合は10分の7を乗じて得た額とする。
2.特別なものについては、1にかかわらず、予定価格の10分の7から10分の9の範囲内の額。

対象案件
契約予定金額が130万円を超える工事
 

適用時期

 令和2年4月13日以降に入札を行うものから適用します。


お問い合わせ
総務課|新温泉町役場本庁舎
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-3111  Fax:0796-82-3054   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?