新温泉町
TOPページくらしマイナンバー > マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

2021年3月(予定)から、マイナンバーカードが健康保険証として順次利用できるようになります。

利用には事前登録が必要です
マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、事前登録が必要です。事前登録については、お持ちのスマートフォンやパソコン(カードリーダーが必要)から行うことができます。くわしくは、下記ホームページをご覧ください。

サービストップ | マイナポータル
マイナンバーカードの健康保険証利用|マイナポータル
(クリックすると外部ページが開きます)

役場窓口でも申込用の端末を準備しております
申込に対応している端末をお持ちでない方向けに、本庁・町民安全課と支所・地域振興課にカードリーダー付きのパソコンを準備しております。ご利用を希望される際は窓口までお越しください。

マイナンバー(12桁の数字)は使いません
マイナンバーカードの健康保険証利用には、ICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。
医療機関や薬局の受付窓口でマイナンバーを取り扱うことはなく、ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づけられることもありません。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するメリット
  1. マイナンバーカードを使えば、就職や転職、引越ししても保険証の切替えを待たずにカードで受診できます。
  2. オンラインによる医療保険資格の確認により、高齢受給者証や高額療養費の限度額認定証など、医療機関・薬局の窓口に提出する書類の持参が不要になります。(※)
  3. マイナポータルで、自分の薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになります(2021年秋頃予定)。患者の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで薬剤情報や特定健診情報を、また、薬剤師も薬剤情報を確認できるようになるなど、より多くの情報をもとに適切な診療や服薬管理が可能となります。
  4. マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報を確認できるようになります(2021年秋頃予定)。確定申告でも、マイナポータルを通じて医療費情報を取得し、医療機関等の領収書がなくても手続きができるようになります。

※市町村独自の医療費助成等については、医療機関・薬局への書類の持参が引き続き必要です。

マイナンバーカードを健康保険証とするメリットやQ&Aなどが厚生労働省のホームページに掲載されていますので、併せてご確認ください。

マイナンバーカードの保険証利用について(被保険者証利用について)
(クリックすると外部ページが開きます)

保険証利用に関する注意点
・保険証利用の登録後でも従来の保険証を利用することは可能です。
・マイナンバーカードを保険証として利用する場合、受診する医療機関や薬局がマイナンバーカードに対応している必要があります。
(対応していない医療機関や薬局では、通常の保険証が必要になります。)

お問い合わせ
町民安全課|新温泉町役場本庁舎
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5621  Fax:0796-82-2970   メール
地域振興課|温泉総合支所
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1131  Fax:0796-92-2044   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?