新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 企画課(資料) > 町の出来事(平成18年) > 上山高原エコミュージアム・グランドオープニング記念式典

上山高原エコミュージアム・グランドオープニング記念式典

岸田さえもん踊
岸田さえもん踊

======================

 自然と共に生きる

 上山高原エコミュージアムグランドオープン

======================

 エコミュージアムとは、地域の歴史・文化・自然など地域独特の資源を活かした取り組みで、従来型の建物に展示する博物館とは異なり、「地域全体がまるごと生きた博物館」という思想に基づいた地域活動です。

 上山高原エコミュージアムは、国の特別天然記念物イヌワシやツキノワグマ・ブナの原生林やススキ草原など貴重な動植物が生息する高原と麓の7つの集落がこの自然と共に歩んできた伝統文化や産業を紹介しながら貴重な財産を後世に引き継ぐ活動を展開してきました。
 この活動をさらに広く多くの方に紹介することで、たくさんの人々がこの地を訪れ、人と自然のつながりを学習することができるように、自然学習歩道や高原の山小屋、地域文化を体験するふるさと体験ハウス、そして高原への玄関口であり環境学習の場として上山高原ふるさと館などの整備を進めてきました。
 平成15年から進めてきた施設整備の完成を祝うとともにこれからの体験活動をさらに充実させるために、平成18年7月29日にグランドオープニング記念式典を開催しました。

テープカット
テープカット
 上山高原ふるさと館のロビーで地元住民と関係者が見守る中テープカットが行われ、続いて隣接する体育館で記念式典が行われました。
 式典では、特定非営利活動法人・上山高原エコミュージアムの小畑代表が、「多くの人々にお祝いされ、グランドオープンを迎えることができました。この活動をもっとしっかりしろと言われていると共に私たちをやさしく見守っていただいていると心強く感じます。上山高原は、人の成長に大きく影響を与えてきました。長い歴史の中で地域の意識も高原の開発から自然の保護へと変わってきました。上山高原エコミュージアムは、地域全体の財産を地域の方々と守っていきたいと考えています。」とあいさつされました。

タイムカプセル
タイムカプセル
 セレモニーでは、倒木のイタヤカエデで作られたタイムカプセルに自然復元作業で伐採したリョウブの木簡を保管しました。木簡には参加者や地元の皆さんのメッセージが書き込まれています。(タイムカプセルは、ふるさと館で保管され10年後に開かれます。) また、式典後には、環境省自然環境局長の南川秀樹氏に「豊かな自然を守り、育てる」と題して記念講演をしていただき、自然環境保護についてのお話いただきました。 ほかにグランドオープン事業でふるさと体験メニュー(ワラ細工)とサテライトめぐり(滝めぐり・文化財見学・民具見学など)が行われました。 皆さんも上山高原エコミュージアムにぜひ足を運んで環境学習や体験プログラム活動を通じて自然と人のかかわりの大切さを感じてみてはいかがですか。

木簡の投入
木簡の投入
地域の子供たちがタイムカプセルに木簡を入れました
タイムカプセル封印
タイムカプセル封印
エコミュージアムの会員がタイムカプセルを封印しました
ワラ細工
ワラ細工
ふるさと館の囲炉裏の傍でわらぞうりづくりに挑戦です

海上傘踊
海上傘踊

上山高原ふるさと館のご案内 ←ここをクリック★

岸田さえもん踊のご案内 ←ここをクリック★

海上傘踊のご案内 ←ここをクリック★

―問い合わせ先―
上山高原ふるさと館
〒669-6953
 新温泉町石橋757-1
TEL(0796)99-4600
FAX(0796)99-4601
E-mail:ueyama-eco@yumenet.tv

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?