新温泉町
TOPページ福祉・健康・医療福祉医療 > 税の減免や各種割引制度について

税の減免や各種割引制度について

() 税金の減免等
   ●自動車税・軽自動車税・自動車取得税の減免
 
  ◎制度の概要
  本人運転 家族運転 常時介護者運転
対象者  身体障害者手帳、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳の所持者で、
 等級が【下段添付ファイル(減免対象者の範囲)参照】に該当する人
台 数  障がい者1人に対して1台(軽自動車を含む)
対象の
自動車
所有者 本人 又は 生計を一にする親族 本  人
運転者 本  人 生計を一にする親族
障がい者等のみで世帯を構成する
障がい者等のために常時介護する人
減免額 自動車税 【軽自動車の場合】
   全額免除
【その他の自動車の場合】
◎減免限度額表 ※総排気量が1.5リットル超の乗用車の場合
  通常の自動車 グリーン化税制適用車
重課(+15%) 軽課(-50%) 軽課(-75%)
自家用 39,500 45,400 20,000 10,000
営業用  9,500 10,900  5,000  2,500
 
※限度額を超える自動車を所有する場合は、限度額を超える部分については自己負担となります。
※月割により減免する場合は、減免限度額の範囲内で月割により計算した額となります。
自動車
取得税
220万円に取得した自動車に課すべき自動車取得税の税率を乗じて得た額 (ただし、障がい者の利用に供するため又は当該者が運転するための特別の仕様又は装置の変更を行った場合は、変更に要した額に220万円を加算した額に当該自動車に課すべき自動車取得税の税率を乗じて得た額)。
 
 
※限度額を超える自動車を所有する場合は、限度額を超える部分については自己負担となります。
 自動車取得税率(平成30年10月1日現在)
軽自動車 2 低公害車等の取得の場合は、軽減税率を適用します。
その他の自動車 自家用 3
営業用 2
   
  ●その他の税の控除等
 

   ◎控除等の概要
  控除等の内容 要件等 問合せ先
所 得 税
障害者
控除
所得控除
27万円
本人又は控除対象配偶者・扶養親族が普通障害者(※1)である場合  
 
豊岡税務署
特別障害者控除
所得控除
40万円
本人又は控除対象配偶者・扶養親族が特別障害者(※2)である場合  
同居特別
障害者扶養
控除加算
所得控除
(35万円加算) 注1
同居の控除対象配偶者・扶養親族が特別障害者(※2)である場合  
住 民 税 障害者控除
所得控除
26万円 注1
本人又は控除対象配偶者・扶養親族が普通障害者(※1)である場合  
 
【本庁】
税務課
(課税係)
 
特別障害者
控除
所得控除
30万円
本人又は控除対象配偶者・扶養親族が特別障害者(※2)である場合  
同居特別
障害者扶養控除加算
所得控除
(23万円加算)  注2
同居の控除対象配偶者・扶養親族が特別障害者(※2)である場合  
  非課税 注2 前年の所得が125万円以下の障がい者本人  
個人事業税 非課税 重度の視覚障害者(両眼の視力が0.06以下)が行うあんま・はり・きゅう等医業に類する事業を行う場合   豊岡県税事務所
ゴルフ場利用税 非課税 障がい者等がゴルフ場を利用する場合  
相続税
税額控除
85歳到達までの年数×10万円
相続人が満85歳未満の普通障害者(※1)である場合   豊岡税務署
税額控除
85歳到達までの年数×20万円
相続人が満85歳未満の特別障害者(※2)である場合  
贈与税
非課税
(上限6千万円)
特別障害者が特別障害者扶養信託契約により信託の受益権者になった場合  
非課税貯蓄制度
元本350万円までの
利子が非課税
障がい者等が預貯金(国債)等を預入(購入)する場合等
【※事前に金融機関での手続きが必要です】
 
 
 
各金融機関
       
※1 普通障害者・・・ 身体障害者手帳3~6級
療育手帳B1、B2判定
精神障害者保健福祉手帳2、3級 等
 






 

 
       
※2 特別障害者・・・ 身体障害者手帳1~2級
療育手帳A判定
精神障害者保健福祉手帳1級 等
   
       
注1 注2 同居している特別障害者一人につき、表の額が加算されます。
             
() 運賃割引制度
  障がい者が利用する各種交通機関の運賃が割引になります。
 
 ◎制度の概要
  対象者 要件等 券種等 割引率等
利用
方法
 
(本人) (介護者)  
J R
身体障害者手帳、
療育手帳の所持者         
単独で片道100kmを超えて利用する場合 普通乗車券 5割引
支払時に
手帳提示
 
第1種障害者(※1)が介護者と一緒に利用する場合
普通乗車券
定期乗車券
回数券
急行券
(特急券を除く)
5割引  5割引   
 
※小児定期乗車券の該当者(12歳未満)については、介護者のみ割引   
12歳未満の第2種障害者(※2)が定期乗車券によって介護者と一緒に利用する場合 定期乗車券 5割引   
航空(国内線)
身体障害者手帳、
療育手帳所持者
 
(事業者によっては精神障害者保健福祉手帳所持者も対象)
 
満12歳以上の第1種障害者(※1)
(本人及び介護者)
各航空運送業者が設定する額  
満12歳以上の第2種障害者(※2)
(本人のみ)
※一部の航空運送事業者は本人及び介護者
 
精神障害者保健福祉手帳を受けている満12歳以上の精神障害者
(本人及び介護者)
※一部の航空運送事業者
 
路線バス
身体障害者手帳、
療育手帳所持者
 
(事業者によっては精神障害者保健福祉手帳所持者も対象)
 
第1種障害者(※1)
(本人及び介護者)
普通乗車券
回数券
5割引  
定期乗車券 3割引  
 第2種障害者(※2)
 (本人のみ)
普通乗車券
回数券
5割引  ―   
定期乗車券 3割引  
タクシー 1割引  

() 有料道路の割引制度
    通勤、通学、通院等の日常生活において有料道路を利用する障がいのある方に対して、自立と
    社会経済活動への参加を支援するため、有料道路料金について割引措置を講ずる制度です。


  ◎制度の概要
  障がい者ご本人が運転する場合
障がい者ご本人以外が運転し、
障がい者ご本人が同乗する場合
対象障がい者
の範囲
身体障害者手帳の交付を受けている人
(等級の制限はありません)
身体障害者手帳又は療育手帳の交付を受けている人のうち、「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額(第1種)」である人
対象自動車
の範囲
障がい者ご本人、配偶者、直系血族及びその配偶者、兄弟姉妹及びその配偶者並びに同居の親族等が所有する乗用自動車等 障がい者ご本人、配偶者、直系血族及びその配偶者、兄弟姉妹及びその配偶者並びに同居の親族等が所有する乗用自動車等
※上記の人が乗用車を所有していない場合は、障がい者を継続して日常的に介護している人が所有する乗用自動車
※登録できる自動車は障がい者1人につき1台です。
※事業用車両、レンタカー、軽トラック、借用自動車、車検・修理時の代車等は対象となりません。
割引料金額 通常料金の半額
利用方法 有料道路割引の記入押印を受けた障害者手帳を料金所係員に提示してください。
ETCを利用することもできます(ただし、障がい者ご本人名義のETCカードが必要です)。
申請先
(問合せ先)
【本庁】健康福祉課(福祉係)
 【支所】地域振興課(住民係)

() その他の減免等
   ●NHK放送受信料の免除
 
  ◎制度の概要
要件等
  全額免除 半額免除
※障がい者を世帯構成員に有し、下記の条件を満たす場合 ※障がい者が、契約者かつ世帯主で、下記の条件を満たす場合
身体障がい者
(※1)
世帯全員が町民税非課税
【障がい等級は問わない】
①視覚・聴覚障がい者
【障がい等級は問わない】
②重度の身体障がい者
【1、2級所持者のみ】
知的障がい者
(※2)
世帯全員が町民税非課税
【障がい等級は問わない】
重度の知的障がい者
【A判定所持者】
精神障がい者
(※3)
世帯全員が町民税非課税
【障がい等級は問わない】
重度の精神障がい者
【1級所持者】
 
※1 身体障害者手帳所持者
※2 療育手帳所持者
※3 精神障害者保健福祉手帳所持者
申請先
(問合せ先)
【本庁】健康福祉課(福祉係)
 【支所】地域振興課(住民係)

●夢ネット(新温泉町ケーブルテレビ)使用料の減免
  ◎制度の概要
対象者 世帯の主たる生計維持者で、
視覚又は聴覚の身体障害者手帳を所持する(等級は問わない)加入者
減免額 半額(夢ネット基本使用料)
申請先
(問合せ先)
地域振興課 ケーブルテレビ係

●電話番号案内の無料利用(ふれあい案内)
   事前の登録により無料で電話番号案内が利用できます。
 
  ◎制度の概要
対象者 身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の所持者。
ただし、身体障害者手帳所持者については、次のいずれかの障がいがある人に限ります。
(障がいの区分) (等級)
視覚 1~6級
肢体(上肢、体幹又は乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能の障がい) 1、2級
申請先
(問合せ先)
NTTふれあい案内担当
(フリーダイヤル:0120-104174)
 
●携帯電話の料金割引
   身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳所持者に対して、携帯電話各社が
   割引サービスを行っています。
割引の内容は各会社で異なりますので、詳しくは携帯電話各社
   又は取扱店にお問合せください。

 
●郵便料金の減免等 
  ◎制度の概要
区 分 料 金 等
第三種郵便 心身障がい者団体の発行する定期刊行物を内容とし、発行人から差し出されるもの 毎月3回以上発行する新聞 50gまで8
(さらに50gごとに+3円、上限1kgまで)
その他のもの 50gまで15
(さらに50gごとに+5円、上限1kgまで)
第四種郵便 点字郵便物 3kgまで無料
(指定された施設の発受するものに限ります)
特定録音物等郵便物
聴覚障害者用ゆうパック 普通ゆうメール料金の半額
聴覚障がい者用ビデオテープを内容とし、聴覚障がい者と指定された施設との間で発受される3kgまでのものに限ります。
点字ゆうパック 重量3kgまでのもの ・・・ 普通ゆうメール料金の半額
重量3kgを超えるもの ・・・ 別に料金表あり
心身障害者用ゆうメール 普通ゆうメール料金の半額
重度障がい者と一定の図書館との間で発受されるものに限ります。

お問い合わせ
健康福祉課|新温泉町役場本庁舎
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5620  Fax:0796-82-2970   メール
地域振興課|温泉総合支所
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1131  Fax:0796-92-2044   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?