新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 新温泉町ゆかりの先人(資料) > 伍東宏郎

伍東宏郎

伍東宏郎
伍東宏郎
==============================
  明治、大正・昭和の活弁師

           伍 東 宏 郎

              明治27年(1894)~昭和25年(1950)
===============================

伍東宏郎(幼名 武雄)は、明治27年(1894)新温泉町浜坂に生まれた。
少年の頃、森下家の養子となり、小学校卒業は鳥取の駄菓子屋へ丁稚奉公にでた。
 その後宏郎は大阪に出て芸能界に入った。芸名「伍東宏郎」を襲名し、活弁師(映画解説者)として明治・大正・昭和の間、活躍した。特に、坂東妻三郎主演の時代劇「尊王」の名調子「東山三十六峰、静かに眠る深き夜の静寂を破って、突如剣戟の響き!」で全国的に有名になった。

また、活弁が声色から解説に変わろうとしていた大正時代末ころ、外国映画の弁師だった宏郎は、時代劇の弁師に転向した。大正12年(1923)旧劇を純映画化した新時代劇として上映された『女と海賊』を声色なしで解説して成功させた。この作品以降「時代劇」という言葉が普及した。
戦争中は中南方各地の従軍慰問隊長として活躍した。終戦後は、郷里浜坂で過ごし、昭和25年(1950)56歳で亡くなった。


お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490  Fax:0796-82-4490   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?