新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 文化財(資料) > 但馬御火浦

但馬御火浦

2006/07/11


昔、神功皇后が三韓遠征のため、越前国笥飯浦の港を出発しましたが、三尾沖で濃霧にあいました。重臣が神に祈ったところ、三尾の漁師が日和山でたいた「かがり火」が見え、皇后はそのかがり火に導かれて無事三尾浦についたという「御火浦伝説」が残ります。
三尾漁港の東前方に「三尾大島」と呼ばれる島があります。ここを中心に、岸田川河口から香美町伊笹岬までの海岸一体は日本海の荒波で侵食された凝灰(ぎょうかい)岩、花こう岩などの変化に富んだ景色が多く残ります。この地域一体は地質学の宝庫として、学術的にも注目されています。

「但馬御火浦」標柱(浜坂駅構内)
「但馬御火浦」標柱(浜坂駅構内)
建立年月日 昭和12年10月
昭和9年には「国の名勝・天然記念物『但馬御火浦』」に、昭和38年には但馬御火浦を含む一帯が「山陰海岸国立公園」に指定されました。

昭和9年1月22日 国名勝及び天然記念物・浜坂東海岸



お問い合わせ
生涯教育課|新温泉町教育委員会
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5629  Fax:0796-82-5159   メール
温泉公民館
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1870  Fax:0796-92-2392   メール
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490  Fax:0796-82-4490   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?