新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 新温泉町ゆかりの先人(資料) > 福島一玉

福島一玉

町指定「「草庵囲碁像」
町指定「「草庵囲碁像」
==============================
  毛彫流の名彫刻師
 
           福 島 一 玉 

                明治2年(1869)~大正10年(1921)
===============================

福島一玉(老之助、号「如雲」)は、明治2年(1869)新温泉町湯に生まれた。一玉
が彫刻を始めたのは、明治20年(1887)頃、東京に出て学んだと言われているが、その師の名前も期間も詳しくはわかっていない。鳥取県の智頭から嫁いだ妻しずとの間に一男四女を設けたが、いずれも早く亡くし、大正7年(1918)にはしずも亡くなった。独りになった一玉は、心の傷を癒すために彫刻活動に没頭し、大正8年(1919)からの二年間が一玉の最盛期だったといわれ、一玉の創作活動期間は短く、余り作品が残っていない。

町指定「「草庵囲碁像」
町指定「「草庵囲碁像」
一玉の作品は、どれも50cm以下の小品が多く、細かい彫りのタッチで驚くほど時間をかけて、作品を仕上げている。町指定文化財に指定されている「草庵囲碁像」は、高さ41cmで、堅い木の根を素材にして精密に仕上げ、一玉の作風を顕著に伝える秀作である。これほどの作品を作り上げながら、世間の評価は冷たかった。一玉の作品が評価され出したのは、大正10年(1921)52歳で亡くなって以後のことである。


お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490  Fax:0796-82-4490   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?