新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 文化財(資料) > 服部庄重書案

服部庄重書案

服部庄重書案
服部庄重書案
 楞厳寺に寄進された土地は、久斗庄・二方庄以外に、因幡国服部庄があります。服部庄は、因幡国の一宮宇倍神社(現鳥取県岩美郡国府町に所在)の社領で、宇倍神社は領家職をもっていました。永徳2年(1382)に、楊梅従三位入道親行が、楊梅家代々の菩堤を訪うことを条件として、服部庄領家職を手継証文をそえて寄進したものであす。  服部庄はもと順徳上皇の所領であったが、なくなられた後左衛門督局へ、さらに元徳2年(1330)に前大蔵御楊梅盛親に相伝され、盛観の子、親行から前記のように永徳2年に楞厳寺に寄進されたものです。「服部庄領家職手継重書案一巻」におさめられた13通の文書案は、これら服部庄の伝領の経過を示すものです。

昭和38年3月9日 県指定文化財・古文書・楞厳禅寺・新温泉町田井

お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490 Fax:0796-82-4490 メール

生涯教育課|新温泉町教育委員会
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5629 Fax:0796-82-5159 メール
 
温泉公民館
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1870 Fax:0796-92-2392 メール

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?