新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 新温泉町ゆかりの先人(資料) > 市原惣兵衛

市原惣兵衛

市原惣兵衛の墓(浜坂)
市原惣兵衛の墓(浜坂)
==============================
  浜坂針の開祖

           市 原 惣 兵 衛

               明和8年(1771)~天保6年(1835)
===============================

 市原惣兵衛は、明和8年(1771)新温泉町浜坂に生まれた。2人の兄が医師になったため、商家と酒造業をしていた市原家(屋号 伊勢屋)を継いだ。寛政6年(1794)市原惣兵衛が24歳のとき、浜坂で鍛冶職をしていた渡辺丈兵衛(1766~1846)と長崎に針金商法を学びに行った。惣兵衛は長崎で行われていた針の製造に目をつけ、針職人の高比良武兵衛、香具喜五郎の二人を雇い、寛政10年(1798)浜坂に連れ帰った。しかし、浜坂村の人たちは、火力を使うため危険であることから、多くの人から反対された。

◆市原惣兵衛墓碑
・建立年月日 天保6年(1835年)
・碑文 碑面 墓碑銘等(内容省略)
    碑陰 墓碑銘等(内容省略)
・建立者 針師中

浜坂針のセット
浜坂針のセット
惣兵衛は庄屋にも交渉し、町外れに作業場をつくり、最初は人も集まらないので家族や縁者を動員してはじめた。その内、針の製造がこの地方に適した仕事であることが人々に理解され、有力者の資金援助もあり、浜坂の針は全国的に広まった。
 惣兵衛は天保6年(1835)65歳で亡くなった。惣兵衛がはじめた針の事業は郷土の産業となり、多くの人々の生活を支え、戦前、戦後を通じて浜坂針は「みやす針」の名で世に知られた。


機械化された浜坂針の工場風景
機械化された浜坂針の工場風景
機械化された浜坂針の工場風景
機械化された浜坂針の工場風景
機械化された浜坂針の工場風景
機械化された浜坂針の工場風景

高比良武兵衛の墓(浜坂)
高比良武兵衛の墓(浜坂)
香具喜五郎の墓(浜坂)
香具喜五郎の墓(浜坂)
針工場の看板
針工場の看板

針問屋の写真
針問屋の写真
浜坂針の道具
浜坂針の道具
浜坂針は、レコード針へ
浜坂針は、レコード針へ

お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490 Fax:0796-82-4490 メール

生涯教育課|新温泉町教育委員会
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5629 Fax:0796-82-5159 メール

温泉公民館
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1870 Fax:0796-92-2392 メール
 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?