新温泉町
TOPページ町長の部屋こちら町長室(広報執筆分) > こちら町長室(平成31年4月10日執筆)

こちら町長室(平成31年4月10日執筆)

 平成から令和へ

 新しい時代が始まります。新温泉町の人口は、合併した平成17年の17467人(平成17年の国勢調査)から13835人(3月1日現在の推計人口)となり、2割以上減少しました。出生数は、平成17年は126人、平成30年は68人でした。死亡は毎年平均約230人です。平均寿命は平成27年で男80・8歳。女87・4歳です。平成29年の一人当たりの平均所得は257万円で県下41市町の中では40番目。観光客の宿泊者数は、平成17年度は27万2000人、平成23年度に19万人まで落ち込んだものの、平成29年度は25万4000人でした。漁獲高は平成17年度が33億7000万円、平成29年度が31億2000万円でした。畜産農家は平成17年が108戸、平成30年は50戸に減少しました。国民健康保険税は平成17年度が一人平均70600円、平成30年度は79800円でした。
 
 今年度の新規採用職員は16人です(退職は17名)。正規職員は257人、臨時職員は221人で、総勢478人でスタートしました。
 
 一般会計予算は104億円(総額で194億円)。今年度の大きな目玉が、「おんせん天国室」の設置です。ねらいは、町名にふさわしいまちづくりです。目標は、①温泉利用で『健康で長生きコロッと逝く』です。そして、②町を訪れる人を、現在の100万人から5年後に150万人に増やすことです。二つ目が「防災安全室」の設置です。近年多発する自然災害に備えて設置しました。住み良い町を目指し、新しい風の流れが町全体に届くよう頑張ってまいります。

新温泉町長 西村銀三

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?