新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 文化財(資料) > 木造阿弥陀如来座像(善住寺)

木造阿弥陀如来座像(善住寺)


善住寺は、長保元年(999)2月覚増上人行脚のおり、熊野三山に似ているところから、ここに開山したという霊刹である。
この如来像は桧の一木造りの坐像で、前面に組み合わせた手指は、親指が横に出向いている中品の形となっている。
高さ76.5cm、素朴な彫りは地方仏師の作か室町初期と推定されている。
その他、脇立仏として西国三十三体観音、薬師如来二天王も祀られている。

阿弥陀堂は応永33年(1426)建てられ、その後補修をみているが但馬屈指の古い建物である。
4.5mの三面回廊をめぐらし、組み物など室町初期の手法が見られる。
特に内陣天井壁画の仏画十六羅漢は彩色豊かな巧妙な筆法で稀有のものと評されている。

かつて七堂伽藍が建ち並び、十三の末寺を従え、別当職として多くの神社を支配した住時の面影を、これらの遺物と境内にそびえる数本の古木がわずかにしのばせてくれる。


昭和38年4月10日 県重要文化財・彫刻・善住寺・新温泉町熊谷

お問い合わせ
温泉公民館
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1870 Fax:0796-92-2392 メール

生涯教育課|新温泉町教育委員会
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5629 Fax:0796-82-5159 メール
 
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490 Fax:0796-82-4490 メール
 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?