新温泉町
TOPページ町長の部屋こちら町長室(広報執筆分) > こちら町長室(令和2年11月10日執筆)

こちら町長室(令和2年11月10日執筆)

◆浜坂認定こども園
 浜坂認定こども園の改築問題が進展していない点について、現状報告いたします。
 私が現在地での改築を提案してきた理由は、「①先人たちが過去、現在地を選んだ」、「②第2次検討委員会の結論として、現在地を選定された」、「③現在地でよいという署名が多くの方から提出された」、「④現在地では、土地関係者などの合意形成ができる」、「⑤さらに、移転する場合と比べ、土地の買い増し面積が約半分で済む」、「⑥図書館や以命亭などもあり、子育て環境が良い」、「⑦海も近く、山陰海岸ジオパークの中心地域として自然環境に恵まれている」、「⑧平成4~27年の間に51億円かけて味原川改修が行われ、その後は一般住宅の床上・床下浸水はない」、「⑨昨今は天気予報の精度が上がり、大雨が降っても事前の避難ができる」ことです。
 一方、現在地以外で改築する方が良い主な理由は、「①過去に周辺道路が浸水したことがあり、孤立すれば安全面で問題がある」、「②近年、全国各地で過去に例のない大雨災害が多発している」、「③より安心安全な園生活を送る上で、大雨洪水に対して他に検討できる土地がある」、「④現在地の地盤状況が軟弱である」、「⑤大庭認定こども園との統合を検討すべきである」ことです。
 今年5月、県から1000年に一度の大雨予想が出され、新たな浸水域が明示されました。浸水水位や水が引く時間などが表わされています。それによると、新温泉町役場は浸水しませんが、浜坂駅は約1メートル、現こども園は約3~5メートル浸かることになります。県はこの予想図を、避難時にどう対応すべきかを検討するための資料といいます。
 いろいろな観点から、さらに検討を行い、早期改築に向けて取り組んでまいります。

新温泉町長 西村銀三

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?