新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 石造物(資料) > 後鳥羽上皇歌碑

後鳥羽上皇歌碑

三尾の集落に入ってすぐの三尾大島を望む公園に、後鳥羽上皇が詠んだ歌が刻まれた石碑が建っています。

「源頼朝 死後 後鳥羽上皇が北条氏に敗れ、隠岐の島に流される途中 三尾の沖で遭難し、承久3年(西暦1221年)旧暦7月25日午後3時頃 下原より三尾の住民に救助され慰安を受けて3日後陸路を鳥取県境港に向かって出発された。
 自らの運命の悲哀を歌に託した心情を800年を経た今日でも感無量なるものを覚えるこの里に建立する。」
※碑陰の建立趣旨より引用

・建立年月日 平成19年1月
・碑文 碑面 想いやれ憂き身を
         御火の浦風に泣く泣く
           絞る袖のしずくを
     碑陰 建立趣旨・建立年月日・建立者
・揮毫 仙外
・建立者 中村氏(三尾)


お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490 Fax:0796-82-4490 メール

生涯教育課|新温泉町教育委員会
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5629 Fax:0796-82-5159 メール

温泉公民館
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1870 Fax:0796-92-2392 メール
 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?