新温泉町
TOPページ町長の部屋こちら町長室(広報執筆分) > こちら町長室(令和元年11月14日執筆)

こちら町長室(令和元年11月14日執筆)

平成30年度、町の医療は
  平成30年度の浜坂病院の診療実績は大きく好転しましたが、院長はじめ医師や職員の皆さんの頑張りがありました。平成29年度と30年度と比較してみました。年間の入院患者数は11,191人から13,508人(一日平均37人)と20%増え、外来患者数は27,285人から25,753人(1日平均105人)と5%減少しました。病床数は49 床で利用率は約75%でした。
 照来診療所は、年間患者数は1,173人で29年度より33人増え、八田診療所は年間401人で25人増え、歯科診療所は年間4,764人で331人増えました。岸田診療所は年間58人でした。
 平成30年度、町民がどこの医療機関を利用しているかを国民健康保険会計の決算から調べてみました。外来では多い順から、鳥取が約50%(入院60%)、町内の民間医院が32%(入院ゼロ)、町外の兵庫県内病院が約9%(入院30%)、浜坂病院が約7%(入院3%)、診療所は3か所計で0.6%となっています。入院をみると、町外の医療機関の利用比率はさらに高くなっています。しかし、入院が20%増えると平成30年度の病院赤字が約1億円改善しましたが、さらに入院が20%増えると病院の赤字は劇的に改善されることが予想できます。
 現状を維持していくための大きな課題は、5月に退職された整形外科の片岡先生の後任が見つからないことです。現在、鳥取市立病院から毎週火曜に応援をしていただいていますが、町民の皆さんからの医師情報提供をお願いします。



新温泉町長 西村銀三

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?