新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 文化財(資料) > 木造十一面観音菩薩立像

木造十一面観音菩薩立像

 相応峰寺の観音像は、斉衝3年(856)作善上人が浜坂を訪れた時、矢城の観音島付近で観音像を勧請して安置されたものと伝えられています。
 観音像は、カヤの一木造りで高さは約1.8㍍あり、顔やひだの造りから平安時代初期の作と推定されています。お香の煙で黒く光る姿は、霊像ともいうべき、見る人の心を引きつける観音像です。
 毎年4 月18 日に行われる春季大祭のときのみ公開されます。

明治34年8月2日 国指定文化財・彫刻・相応峰寺・新温泉町清富

お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490 Fax:0796-82-4490 メール

生涯教育課|新温泉町教育委員会
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5629 Fax:0796-82-5159 メール
 
温泉公民館
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1870 Fax:0796-92-2392 メール

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?