新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 新温泉町ゆかりの先人(資料) > 小山龍太郎

小山龍太郎

小山龍太郎
小山龍太郎
=========================
歴史小説家

   小説家 小 山 龍 太 郎

         大正7年(1918)~平成7年(1995)
===========================

 小山龍太郎(本名:川越嵬)は、大正7年(1918)に浜坂町浜坂に生まれた。12歳の時に家族と共に東京に出て、東京府立第九中学校(現在の東京都立北園高校)に学んだ。昭和14年(1939)には、フランス文学者で詩人の平野威馬雄に師事し、詩誌『青宋』に参加し、詩人として出発した。戦後は、各出版社の雑誌編集長を歴任し、昭和34年(1959)より本格的に執筆活動に入り、以来、歴史・時代小説の分野で活躍した。

小山龍太郎文学碑(浜坂)
小山龍太郎文学碑(浜坂)
・建立年月日 平成13年12月 ・碑文 碑面 詩「川下大祭」     碑陰 略歴(内容省略) ・揮毫 小龍竜太郎 直筆 ・建立者 「小龍竜太郎文学碑」建立実行委員会
 著書としては、昭和33年に『緋牡丹殺法』を単行本として刊行したが、文壇上の処女出版として位置づけられるのは5冊目の『忍者一代』である。以後、戦国武将伝・忍者小説・幕末維新の群像伝・軽妙洒脱な江戸素浪人を主人公とした小説等、生涯41冊を超える著書を執筆し、中央文壇でも広く知られている。
 特に、実在の剣豪たちを豊富な伝書文献と長期の実地調査によって、昭和39年(1964)に出版した『真説・日本剣豪伝』は、剣豪伝に新境地を拓いた小山龍太郎の代表作でもある。
 また、中世以降、闇に動く『忍者』の研究家としても知られ、この分野では他の追随を許さない著名な文学者でもあったが、平成7年(1995)77歳で亡くなった。


「読物と講談」編集長時代 
「読物と講談」編集長時代 
※写真をクリックすると拡大します
学生・詩人竹田邦三時代
学生・詩人竹田邦三時代
詩「川下祭」(碑文)
詩「川下祭」(碑文)

小説家小山龍太郎(昭和30年代)
小説家小山龍太郎(昭和30年代)
小説家小山龍太郎(昭和40年代)
小説家小山龍太郎(昭和40年代)
小説家小山龍太郎(昭和50年代)
小説家小山龍太郎(昭和50年代)

小説家小山龍太郎(平成)
小説家小山龍太郎(平成)
小説家小山龍太郎(平成)
小説家小山龍太郎(平成)

お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490  Fax:0796-82-4490   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?