新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 民話・伝説(資料) > 39・くぐり池

39・くぐり池

多子の「字池の上」という所に、「くぐり池」と言う三畝ほどの池がある。
この池は鳥取県の「多鯰ヶ池」につづいていて、「くぐり池」で失った物が
「多鯰ヶ池」で見つかることで不思議がられていた。

その「くぐり池」の近くに住む娘がいて、あるときそこを通りがかったお坊さんを一目見て好きになり、
お坊さんも娘を心憎からず思った。
けれども、お坊さんは修業の身、とても娘と一緒になれず、娘はそれを苦しんで池に身を投げた。
ところが、お坊さんも池に身を投げた。
村人は二人を哀れんで池の端の道にお地蔵さんを祀って供養した。

「くぐり池」には、春になると、アヤメや、でべそ花という黄色い美しい花が咲く。
大雨が降っても、晴れた日が続いても池の水かさは変わらず、照来の七不思議の一つに数えられている。

※参考文献
 喜尚晃子 「但馬・温泉町の民話と伝説」1984年より

[伝説]
1)池の廻りで家族が田植えの昼食をすませ、洗いもの(飯櫃・食器)を池に浸けておき、田植えを済ませて、洗いものを探したが見つからなかった。後日、因幡の多鯰ヶ池に浮いていた。
2)村の人が数個のひょうたんを浸けていたが、いつの間にかなくなっていた。後日多鯰ヶ池に浮いていたという。
3)地区の若連中が池の中央に相撲場をつくり、明日の相撲開きを楽しみにしていたが、朝見ると一夜にして消滅していたという。

この池には、以前から珍しきコウボネ、フトイの二種類の植物が自生している。

※参考:平成12年10月多子区設置の看板より

多子の県道沿いに看板があります。

お問い合わせ
生涯教育課|新温泉町教育委員会
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5629  Fax:0796-82-5159   メール
温泉公民館
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1870  Fax:0796-92-2392   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?