新温泉町
TOPページ町長の部屋こちら町長室(広報執筆分) > こちら町長室(平成31年3月26日執筆)

こちら町長室(平成31年3月26日執筆)

巨大風力発電に反対!

◆メリット
 工事に伴う仕事が増える(多くは大手ゼネコン)。町に入る固定資産税が増える(交付税で相殺)。進入路が出来ると山の整備がしやすくなる。雇用として、草刈り業務が発生する。業者は売電で儲かる。

◆デメリットと疑問は多い
 土砂災害の危険性が増す。工事にあたってダンプカーが頻繁に通行するが、安全対策はどうなのか。騒音・振動対策は大丈夫か。会社が倒産する可能性はないか。発電を終えた20年後に本当に撤去するのか。さらに災害が起きた時、誰が責任をもって進入路などを修理するのか。資本金が10万円と少ない。21基の低周波などの影響は実際に建ててみないと分からない。絶滅危惧種であるクマタカの生息が、日本野鳥の会の約1年間におよぶ調査で確認された。その他貴重な鳥が生息している。鳥などの生物の環境が破壊されるおそれがある。21基の風力発電機が並び立つ風景は圧巻だが、それがこの町に似合うのか。

◆町が割れる?
 沖縄の辺野古基地建設など大規模事業に共通して心配されるのが、巨額のお金が動くことで町が真っ二つに割れることである。

◆弱点を狙い撃ち?
 業者は新温泉町を選んだ理由に、電力会社の送電線との距離が近いことを挙げています。しかし原子力発電所などの立地をみてみますと、①地方、②人口減少地区、③高齢地区、④収入につながる産業が少ない、⑤自然公園などの指定から外れている、などが挙げられます。

◆業者の不誠実な対応
 説明会の開催にあたって、住民の疑問・不安(8項目)に対し、すべてが説明不足・不誠実な対応であった。また、地域分断の原因になるとして懸念を示した地域貢献策を、特定の地区のみで説明したことは信頼を損ねる行為である。

 大規模化より小さな循環こそ、町の持続的な繁栄につながります。

 新温泉町長 西村銀三

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?