新温泉町
TOPページ福祉・健康・医療介護保険 > 新型コロナウイルス感染症による介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症による介護保険料の減免について

2020/06/30

新型コロナウイルス感染症への対策として新たな減免制度ができました。新型コロナウイルス感染症の影響により収入が一定程度減少した場合などについては、介護保険料の減免が受けられる場合があります。

次の要件のいずれかに該当する方について、一部または全部を免除します。
【要件】
① 新型コロナウイルス感染症により、その属する世帯の主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った場合
 → 全部免除
② 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入)のいずれかについて、新型コロナウイルス感染症の影響により、前年から10分の3以上の減少が見込まれ、その減少が見込まれる所得以外の前年の所得の合計が400万円以下である場合
 → 一部または全部を免除

※注意点
 ・前年、今年ともに年金収入のみで事業収入等の収入減少が見込まれない方は②の対象外です。
 ・事業の廃業や会社からの退職を伴う場合、保険料の減免額が大きくなることがあります。

【対象保険料】
 令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限のある介護保険料

減免の申請方法
以下の「減免申請書」「収入申立書」及び「その他の必要書類」を介護保険係へ提出してください。(申請は郵送でも可能です。)
「収入申立書」には、平成31年中と令和2年中の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入)の金額の記入が必要な場合があります。確定申告書、源泉徴収票、通帳のコピー、給与明細書等を参考にしながらご記入ください。

○その他の必要書類
 ①で申請される方
  ・PCR検査の結果通知書
  ・医師の診断書
   など、新型コロナウイルス感染症に感染したことがわかる書類
 ②で申請される方
  ・事業収入に係る収支台帳
  ・確定申告書の写し
  ・給与明細、源泉徴収票
  ・通帳のコピー
  ・主たる生計維持者に退職や廃業があった場合は、廃業届、離職届、退職証明書など

申請後の流れ
申請後、減免の該当・非該当の結果につきましては、後日、介護保険係より通知を送らせていただきます。
なお、減免に該当した場合、お支払い方法が特別徴収(年金からの天引き)の方は普通徴収(口座振替又は納付書による支払い)に変更となることがあります。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?