新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 新温泉町ゆかりの先人(資料) > 宇野雪村

宇野雪村

宇野雪村
宇野雪村
==============================
  現代書芸の先覚者

          宇 野 雪 村

              明治45年(1912)~平成7年(1995)
===============================

宇野雪村は、明治45年(1912)浜坂町二日市に生まれ、昭和2年(1927)御影師範学校に入学し、その後書の道に専念して「雪村」と号した。昭和7年(1932)御影師範学校卒業後、神戸で上田桑鳩に出会い師事し、昭和15年(1940)東京に出て上田桑鳩らと共に「奎星会」を結成して、新しい書を次々と発表した。昭和24年(1949)には日展に入選(特選)し、昭和29年(1954)には日展審査員となった。しかし、昭和31年(1956)日展を脱退して以降、雪村の前衛書への挑戦は本格的となり、自由かつ大胆で個性的な創造性を目立たせた。毎年開催されている「奎星展」「毎日書道展」「玄美展」などに次々と作品を発表しながら「文字という約束の上に約束を越えた美が生まれる」という前衛書の理念を樹立した。
 

創

昭和58年(1983)古希を記念して、東京三越で「宇野雪村書業展」、同年夏には中国北京において「日本宇野雪村法展」を開催し、昭和59年(1984)にはその功績により「毎日芸術賞」を受賞した。
 平成7年(1995)83歳で亡くなったが、宇野雪村の現代書の創造を実現した功績は極めて大きい


宇野雪村著書
宇野雪村著書
顔

健剛
健剛


至矣
至矣
但馬牛
但馬牛
牛子子屋でお産を見た子牛と河原で親牛を長谷に放って 陽の落ちる頃田んぼを牛と歩んだ
念


武

七穿八穴(以命亭)
七穿八穴(以命亭)
・建立年月日 ※平成8年宇野雪村生家にあったものを以命亭に移転。
・碑文 七穿八穴
・揮毫 宇野雪村 自筆
・建立者 宇野甚蔵
福沢諭吉訓(以命亭)
福沢諭吉訓(以命亭)
・建立年月日 ※平成8年宇野雪村生家にあったものを以命亭に移転。
・碑文 福沢諭吉訓 世の中で一番美しく立派なことは 一生涯を貫く仕事を持つことである
・揮毫 宇野雪村 自筆
・建立者 宇野甚蔵

宇野雪村先生生誕地碑(二日市)
宇野雪村先生生誕地碑(二日市)



お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490  Fax:0796-82-4490   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?