新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 新温泉町ゆかりの先人(資料) > 立脇泰山

立脇泰山

立脇泰山
立脇泰山
==============================
  日本画壇の巨匠
 
           立 脇 泰 山

                明治19年(1886)~昭和45年(1970)

===============================

立脇泰山(禎一)は、明治19年(1886)に生まれ、父の仕事の関係で本籍を新温泉町細田に置いていた。子供の頃から好んで絵を描き、成長するにつれてその才能は伸び、京都市美術工芸学校(現:京都市立美術大学)で本格的に日本画を学んだ。その後、関西日本画壇の竹内栖鳳に師事し、作品が文展や帝展などに入選するようになり、画家としての地位を不動のものにした。 

暁富士
暁富士
 泰山は、中央画壇で活躍するかたわら、たびたび故郷で画会を開いた。特に、満願寺(新温泉町浜坂)をよく訪れている。大正2年(1913)の満願寺滞在中には、のちの「異色の画家」と称された当町出身の日本画家谷角日沙春も泰山から日本画を学んでいる。
 戦後は、兵庫県日本画家連盟委員長に就任し、会の運営とともに後進の指導にあたった。昭和40年(1965)に兵庫県文化賞を受賞するなど、数々の栄賞を受け、昭和45年(1970)84歳で亡くなった。


初午
初午
室津春宵
室津春宵
渓間昇鮎
渓間昇鮎

秋の詩
秋の詩
秋果図
秋果図
清秋小禽
清秋小禽

四条派画家系図
四条派画家系図
立脇泰山落款・印譜
立脇泰山落款・印譜

お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490  Fax:0796-82-4490   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?