新温泉町
TOPページ福祉・健康・医療健康 > ノロウィルスによる胃腸炎の予防を

ノロウィルスによる胃腸炎の予防を

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、特に冬季に流行します。
正しい知識を持ち、感染予防を心がけましょう。

◆どんな症状?
感染してから24 ~ 48 時間で吐き気、下痢、腹痛などがおこります。全く症状のない場合もあります。
ひどい下痢や嘔吐が続く場合は、脱水症状を起こすことがあるので、早めに受診しましょう。
症状は1~2日続いた後、治ってしまうことが多いですが、症状がなくなった後も3~7日程は、
ウイルスが便中に排泄されるため、その間は注意が必要です。

◆感染の仕方
 ◇食品を扱う人が感染していて、その人を介して汚染された食品を食べた場合。
 ◇汚染されていた食品を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合。
 ◇感染した人のふん便やおう吐物を適切に処理しなかった場合。

◆予防方法は?
 ◇外出後、調理前、食事前等は石けんと流水で手洗いをしましょう。
 ◇食品は十分加熱しましょう。
 ◇ふん便やおう吐物が付着したものは、
次亜塩素酸ナトリウム液を用いて消毒しましょう。
      また、処理する際は二次感染を防ぐために、マスク、手袋を着用しましょう。
  


お問い合わせ
保健福祉センター すこやか~に(健康推進係)
〒669-6821 兵庫県美方郡新温泉町湯1019
Tel:0796-99-2940  Fax:0796-99-2550   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?