新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 文化財(資料) > 温泉城(ゆのしろ)

温泉城(ゆのしろ)


標高338mの白毫山に位置する「温泉城」は、主郭を中心に三方向に伸びる尾根に十数段の曲輪を持ち、各々に竪堀や堀切を形成しています。また曲輪の形から南北朝時代に起源をもち、戦国期には大改修が行われたと想定されています。
「二方考」によると、城主は奈良左近とされ、延文元年(1356年)に北朝軍の今川義貞が温泉城を攻撃した際に、南朝軍に与同していた人物とされています。城は天正9年(1581年)に豊臣秀吉の鳥取城攻めの際に落城したと言われています。

平成17年7月19日 町史跡 湯区ほか・新温泉町湯・歌長



お問い合わせ
温泉公民館
〒669-6892 兵庫県美方郡新温泉町湯990-8
Tel:0796-92-1870 Fax:0796-92-2392 メール

生涯教育課|新温泉町教育委員会
〒669-6792 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2673-1
Tel:0796-82-5629 Fax:0796-82-5159 メール
 
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490 Fax:0796-82-4490 メール
 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?