新温泉町
TOPページ > 添付資料 > 新温泉町ゆかりの先人(資料) > 谷角日沙春

谷角日沙春

谷角日沙春
谷角日沙春
==============================
  異色の画家

          谷 角  日 沙 春

              明治26年(1893)~昭和46年(1971) 
===============================

谷角日沙春(本名・久治)は、明治26年(1893)浜坂町諸寄に生まれ、大正2年(1913)20歳のとき京都に出た。翌年菊池契月に入門して本格的に絵画修行をし、大正7年(1918)には第12回文展に初入選した。
 日沙春は、最初から女性風俗や女性像をテ-マとし、大正9年(1920)から東京の吉原に住み込んで女性を観察・研究し、遊女をテ-マにした倦怠感の漂う作品を帝展(日展の前身)に出品して画壇からおおいに注目された。大正12年(1923)関東大震災にあって再び京都に戻り、一時諸寄にも帰郷した。翌年再び京都に出て師・菊池契月の新古典主義的で端正な画風に転じ、昭和8年(1933)第14回帝展では入選(特選)した。

谷角日沙春生誕地碑(諸寄・川中町)
谷角日沙春生誕地碑(諸寄・川中町)
・建立年月日 平成5年12月 ・碑文 碑面 谷角日沙春之碑      碑陰 建立年、建立者等(内容省略) ・建立者 諸寄区
 しかし、戦後は画壇を離れ、昭和25年(1950)頃から対象を思い切って単純化して、直線や三角形あるいは点線による独自の構成的作風を展開させた。そして、昭和36年(1961)頃から仏画に専念し、一年一作をモット-として最後まで大作を作成しながら、昭和46年(1971)77歳で亡くなった。
 60年にわたる画業は、変化に富んだもので、すぐれた才能を生かし、日本画に独自の境地を切り開いた日沙春は、ふるさとの誇る天才画家である。


ツヅミ(大正3年<1914>)
ツヅミ(大正3年<1914>)
生生渦而鳴(昭和27年<1952>)
生生渦而鳴(昭和27年<1952>)
桃太郎(昭和26年<1951>)
桃太郎(昭和26年<1951>)

猫と八仙花(昭和26年<1951>)
猫と八仙花(昭和26年<1951>)
競妍(昭和7年<1932>)
競妍(昭和7年<1932>)
不動図(昭和46年<1971>)
不動図(昭和46年<1971>)


お問い合わせ
浜坂先人記念館
〒669-6702 兵庫県美方郡新温泉町浜坂
Tel:0796-82-4490  Fax:0796-82-4490   メール
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?