新温泉町
TOPページ町長の部屋あいさつ > 年頭のあいさつ

年頭のあいさつ

2021/01/01

風のないところに風を  風を通じて人をつなぐ・町をつなぐ
 新年明けましておめでとうございます。
 皆さまには輝かしい新春を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 昨年中は、町政のさまざまな分野にわたり、皆さまからご支援とご協力を賜りましたこと、心から感謝申し上げます。


  町長就任から4年目に入りました。まちづくりの基本は、町名にふさわしいまちづくり、元気で長生き「おんせん天国」です。初心に立ち返り、町の大きな資産である温泉を軸に活力あるまちづくりを目指します。
  昨年は、新型コロナウイルス感染症一色の1年でした。4月7日に国が緊急事態宣言を発令し、国中が凍り付いたように人や物の動きが完全に止まりました。
コロナ禍によって人々の考え方や行動に大きな変化が生まれ、人の流れは都市から地方へ、働く場所は会社から自宅へと変化が生じてきました。かつてない事態に、学校は休校になり、旅館・民宿など事業所は休業を余儀なくされ、多くの町民が職場を失うのではないかと不安に陥りました。また、麒麟獅子マラソン大会、浜坂ふるさと夏祭り花火大会、但馬“牛まつり”、浜坂みなとカニ祭りなど多くのイベントが中止に追い込まれ、かつて経験したことのない1年間でした。
 このような事態に直面する中、「町民の命と生活を守る」という強い決意で、全町民へのマスク配布、水道料金(基本料金)の4か月分減免、学校給食費の3か月分減免、ひとり親世帯への支援金給付、町出身の大学生等に対する地元農産物等の支援、商工業事業者へ一律10万円の支給、融資の利子補給、新温泉町民げんき券・プレミアム飲食券・おみやげ券・商品券の発行、漁獲価格低下に伴う販売手数料補助、漁船保険料の上乗せ補助、畜産農家への授精料補助、小中学生のオンライン学習に備えたタブレット導入(1人1台)など、数多くの支援策を打ち出してきました。いつ収束するか分からないコロナ禍に、引き続き全力をあげて対応してまいります。
  町の高齢化率は40%を超えましたが、100歳以上の高齢者は過去最高の25人になり、人口比で県下1位です。昨年1年間に生まれた赤ちゃんは、前年並みの約60人になりそうです。
  集落では、町内60集落のうち17集落が限界集落となっています。集落支援員制度などを取り入れ、町の実情をとらえた高齢者対策、少子化対策を実施してまいります。
  昨年は鳥取県へ向けて浜坂道路Ⅱ期工事が本格スタートしました。高速道路時代の到来で、人・物の流れ、時間軸も大きく変化を遂げようとしています。鳥取県など町外から新温泉町に移り住んでいただけるよう町の魅力アップを図ります。
  昨年に実施した住民アンケートで、『新温泉町は住みやすいまちか?』という問いに対する「住みやすい」との回答が5年前の68%から77%に、『今後も住み続けたいか?』の問いに対する「住み続けたい」との回答が5年前の67%から74%に増え、町民の満足度が上昇していることが分かりました。この流れをさらに加速したいと思います。
 これまで以上に温泉を身近に感じながら、健康や観光利用はもちろん、農業や水産業など、さらには地球温暖化対策のエネルギー源としての利用など、アイデアを結集して町民福祉の向上と町の活性化に力を入れてまいります。
  本年もよろしくお願い申し上げます。
 
新温泉町長 西村銀三

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?