新温泉町
TOPページ町長の部屋あいさつ > 年頭のあいさつ

年頭のあいさつ

2019/01/01

風のないところに風を  風を通じて人をつなぐ・町をつなぐ
 新年明けましておめでとうございます。
 皆さまには輝かしい新春を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 昨年中は、町政のさまざまな分野にわたり、皆さまからご支援とご協力を賜りましたこと、心から感謝申し上げます。


 今年は、5月から新しい元号に変わります。今、新時代を迎えようとしています。私たちの町も風向きを「元気で楽しい町」に向け、舵を取らなければなりません。
 新風元年から2年目に入りました。まちづくりの基本は、町名にふさわしいまちづくりです。新温泉町の最大かつ無限の宝である温泉の利用で、健康で長生きができることです。つまり、『おんせん天国!』です。健康・観光・移住定住で「楽しい町」を提案します。

 さて、浜坂道路(余部~栃谷)が開通して1年が過ぎました。道の駅も2年目に入りました。昨年4月には但馬牧場公園の但馬牛博物館もリニューアルし、町を訪れる人は順調に増えています。また、昨年5月には新温泉町で初めての日本遺産「北前船寄港地・船主集落」に認定されました。構成文化財が集まる諸寄地区はもちろん、町全体の魅力アップと活性化につなげてまいります。さらに、昨年のほたるいか祭りの来場者数は3万人を超え、浜坂ふるさと夏祭り花火大会の来場者数も過去最高を記録しました。旅館、民宿の宿泊や入浴施設などの利用客も少しずつ増えてきました。今後はさらなる好循環が期待されます。

 今年度からお礼品の拡充やインターネットによる寄付申込みに取り組んだふるさと納税は、ふるさとを離れた方々を中心に北海道から沖縄まで多くの皆さまのご協力で、12月16日現在で1070件3758万円を超えました。お陰様で但馬牛や松葉ガニなど地元特産品の販売振興や町のPRに大きく寄与しています。

 今年は、鳥取方面につながる浜坂道路Ⅱ期(栃谷~居組)の着工に向け、土地買収などが始まります。完成後は鳥取県立中央病院までの所要時間が二十数分といわれています。約6年後の開通に向け課題もあります。鳥取県への人口流出など過疎に拍車がかかる可能性があります。一方で、町の魅力を高めることで逆に鳥取方面から新温泉町に移り住んでいただく可能性が出てきます。ピンチをチャンスととらえ、前向きな発想と行動力が問われています。

 新温泉町には豊かな自然と文化・歴史、美味しい食材が揃っています。そのような町の資源を活かした多彩な観光ルートの提案が可能です。温泉めぐりコースはもちろん、以命亭を軸にした文化・歴史コース、遊覧船を使った海のコース、上山・滝めぐりなどの山岳コースと多彩なコースが考えられます。これらと但馬牛や松葉ガニなどの味覚コースを組み合わ せると他にない楽しい企画の提案が可能です。

 町の人口は減り続けています。合計特殊出生率は1.43と但馬地域では最も低くなっています。待ったなしで子育て環境の充実に取り組んでまいります。

 高齢者対策は、特に福祉タクシーなど交通手段の確保に重点を置きます。

 このほかにも課題はたくさんあります。町民の皆さま方のご意見をいただきながら、健康で楽しく長生きのできるまちづくりを進めてまいります。初心をしっかりと胸に、今年も力一杯頑張ります。町民の皆さまのご健勝とご多幸を祈念し、新年のごあいさつといたします。


新温泉町長 西村銀三

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?